スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

B'z LIVE-GYM 2010 "Ain't No Magic" at TOKYO DOME(DVD版DISC2)

「LOVE IS DEAD」は1994年3月2日発売のB’zのオリジナルアルバム「The 7th Blues」のDISC1の一曲目に収録されている曲で、ライブではすでに演奏されていましたが、映像作品に収録されたのは今回が初めてです!

「IT’S SHOWTIME」では、曲のオープニングで爆発が起こります!「IT'S SHOWTIME!!」で注目して欲しいのは、中央のスクリーンです。稲葉さんに黄色の光や赤い光が合成されて、稲葉さんの体から光がほとばしっていて、めっちゃかっこいいです!

続く「Freedom Train」では、ステージの左右から「Freedom Train」の局名にちなんで、電車を模したステージが床からせり上がってきます!この時、電車の端の方が前の方に動く際、電車の幅がたいした幅ではないため、「あれはすごく怖かった」と稲葉さんは仰っていました。一方、松本さんも電車の角度が急だったためか、朝起きるとお尻がすごい筋肉痛になっていたそうです(笑)

「だれにも言えねぇ」では、曲の途中で、「だれにも言えねぇ井戸」が登場します!まず、松本さんが井戸に向かって「Freedom Trainの坂が、すげぇきついんだよね・・・」とぼやき、稲葉さんは「これをやってる時の体勢がすっごいきついんです・・・」と、井戸を覗き込む態勢がきついという「だれにも言えねぇ」ことを井戸に向かって主張します!

続く「MOVE」は、「B'z LIVE-GYM 2010 "Ain't No Magic" at TOKYO DOME」で初のライブ映像作品収録となりました。「愛のバクダン」では、ステージ前方から大型風船が飛び出し、風船が割れるといろんな色のハート型の風船が溢れ出します!この大型風船が割れる時、音は大丈夫なんでしょうか?すごい音がしそうなんですが・・・

アンコールでは、「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」、「イチブトゼンブ」が演奏されます。「イチブトゼンブ」は、「イチブトゼンブ -Ballad Version-」のショートバージョンの演奏の後に、通常の「イチブトゼンブ」が演奏されます!

「B'z LIVE-GYM 2010 "Ain't No Magic" at TOKYO DOME」は歴代ナンバーワンと言っていいほど演出に凝ったライブでした。また、スクリーンは大きく画質も良く、曲に合った映像が効果的に使われています!B'zのメンバーの演奏だけでなく、スクリーンの映像も良く見てみてください!

Tag:ライブ・DVD  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

カネナガ

Author:カネナガ
管理人のカネナガです。私はB’zの稲葉さんが大好きで、ほとんど毎日聴いています。CDはオリジナル・ベストアルバムともに全て持っており、シングルもオリジナルアルバムに含まれていない曲が入っているものはすべて持っています。また、ライブDVDも全て持っています。このサイトでは、稲葉さんをこよなく愛する私が、稲葉さんの魅力をお伝えしていきたいと思います。記事の掲載に当たっては、テレビ番組、公式ファンサイト、公式ファンクラブ会報、書籍、雑誌記事などを元に、事実に忠実に作成しています。このサイトを見た方が、B’zの魅力に気づいてB'zファンになってくれたら幸いです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。