スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

HOME

1998年7月8日に発売された、B'zの25作目のシングルです。L'Arc〜en〜Cielのシングル3作同時リリースと同じ週の発売で、B’zファンは「太陽のKomachi Angel」から続くB’zのオリコン連続一位記録が途絶えてしまうのではないかと心配しましたが、無事に一位を取ることができました!

「HOME」の歌詞は、「そこに帰ってきてすごく落ち着く場所」というよりも、自分の中にある、「他のものが全てなくなっても、僕はこれがあれば大丈夫!」という、揺るぎないところが必要なんじゃないか、ということから作り始めたと稲葉さんは仰っています。

「HOME」はサビの「愛されるばかりが能じゃないだろう」という歌詞がとても印象的で、お気に入りの曲です。他にも、コーラスに「テクマクマヤコン♪」と、ひみつのアッコちゃんに登場する魔法の呪文が出てきて、面白いですね。

ベストアルバム「B'z The Best "Treasure"」には、アコースティック・バージョンがワンコーラス「RUN -1998 style-」に隠しトラックとして収録されています。

また、「B'z The Best "ULTRA Treasure"」には、「HOME]の英語版の「Home」が収録されています。こちらもぜひ聴いてみてください。

2nd beatは「The Wild Wind」で、マフィアの抗争渦巻く、新宿の歌舞伎町を舞台にした映画『不夜城』の主題歌になっています。2nd beatにもかかわらず、大型タイアップが付いていて、これはB'z初の映画主題歌となりました。

この曲には、歌詞に「ブランコ」という言葉が出てくるのですが、これは「不夜城」でブランコが揺れている映「The Wild Wind」像が出てきて、稲葉さんはそれをそのまま歌詞に取り入れたそうです。

「The Wild Wind」は松本さんが特にお気に入りの曲で、当時の音楽番組では「HOME」と「The Wild Wind」が2曲セットで演奏されていました。

「The Wild Wind」のように、B’zのシングルのカップリングには良い曲が多いので、チェックしてみてください!



Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

カネナガ

Author:カネナガ
管理人のカネナガです。私はB’zの稲葉さんが大好きで、ほとんど毎日聴いています。CDはオリジナル・ベストアルバムともに全て持っており、シングルもオリジナルアルバムに含まれていない曲が入っているものはすべて持っています。また、ライブDVDも全て持っています。このサイトでは、稲葉さんをこよなく愛する私が、稲葉さんの魅力をお伝えしていきたいと思います。記事の掲載に当たっては、テレビ番組、公式ファンサイト、公式ファンクラブ会報、書籍、雑誌記事などを元に、事実に忠実に作成しています。このサイトを見た方が、B’zの魅力に気づいてB'zファンになってくれたら幸いです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。