スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

Okay

「Okay」は、B'zのシンガー稲葉浩志が2010年6月23日にリリースした4作目のシングルです。「Okay」、「Salvation」、「マイミライ」の三曲が収録されています。初回限定盤には、アメリカのニューメキシコ州のホワイトサンズで撮影を行った「Okay」のPVを収録したDVDが付属しています。

「マイミライ」は宇浦冴香さんに提供した楽曲ですが、元々稲葉さん自信がやりたいという思いもあり、また歌詞も面白いからということで、セルフカバーに至り、このシングルに収録されています。

稲葉さんは今回のソロ活動で32曲もの曲を作り上げたのですが、「Okay」は稲葉さんがソロ活動を開始して30曲目とかなり遅めに作られた曲です。それにもかかわらず、稲葉さんは「Okay」が完成してすぐ、この曲がシングルになるのがいいかな、と思ったそうです!

「Okay」は、稲葉さんによると、「命の儚さじゃないけど、そういうものがありつつ、時間の流れみたいなこと」がテーマだそうで、時が移り変わって行くのを寂しく感じる感じる時に、誰かの不幸せの上に成り立つ生活が、また続いて行きながら、終わって行くんだなぁと思うことがあるみたいなことを思いながら、曲作りをしたそうです。

PVの撮影はアメリカのニューメキシコ州ホワイトサンズで2010年4月19日から4月20の二日間、行われました。初日は「曇りのちサンダーストーム」と天候に恵まれず、撮影は昼過ぎに早々に切り上げられました。二日目は転機が非常に良く、DVDの映像はほとんどが二日目の映像だそうです。ちなみに、ホワイトサンズの白い砂漠は、712 km²もあり、実は砂に見えるのは砂ではなく、石膏なのだそうです。

稲葉さんは「Okay」の撮影地についてのリクエストを受けた時に、「何か大きい場所で何か大きい場所で自分が移動しているようなイメージがあった」そうで、そういうことでホワイトサンズが候補地に挙がりました。

「Okay」のPVでの稲葉さんの服装は、なんとスーツに裸足!で、稲葉さんは衣装の候補の中でスーツが面白いかなと思い、砂漠だと靴もなんだし、ということで、この奇抜な服装になったそうです。

「涙が出そうになるよ」と稲葉さんに言わせるほど強い日差しの中で、不労して撮影された映像を、皆さんもぜひご覧になってください!

スポンサーサイト

Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:0 

PEPSI NEX presents B'z 1DAY LIVE at SHIBUYA-AX

「PEPSI NEX presents B'z 1DAY LIVE at SHIBUYA-AX 」は2011年9月28日にSHIBUYA-AX(シブヤ-アックス)で行われたプレミアムライブです。

「PEPSI NEX presents B'z 1DAY LIVE at SHIBUYA-AX 」参加者は完全招待制で、2011年7月12日~2011年9月6日のキャンペーン期間中にペプシネックス対象商品に付属のポイントを集めた応募者と、2011年7月27日18thアルバム「C’mon」に封入されている応募抽選カードの応募IDによる応募者から、抽選で50組100名が招待されました。

9月28日当日、自分は抽選に外れたのですが、買い物がてらSHIBUYA-AXの近くに行ってみると、チケットを譲って欲しいという内容のプレートを持ったファンが大勢いて、驚きました!こういうライブ会場と違って小規模の会場でのライブは珍しく、B’zのメンバーとの物理的な距離もかなり近いのでぜひ一度は行ってみたいですね。

「PEPSI NEX presents B'z 1DAY LIVE at SHIBUYA-AX 」のセットリストは、以下の16曲でした。

1.さよなら傷だらけの日々よ
2.さまよえる蒼い弾丸
3.Don't Wanna Lie
4.ピルグリム
5.裸足の女神
6.Homebound
7.ボス
8.DAREKA
9.Splash(English Ver.)
10.Brotherhood
11.イチブトゼンブ
12.Liar! Liar!
13.ZERO
14.DIVE
15.C'mon
16.ultra soul

このうち、オープニング曲の「さよなら傷だらけの日々よ」、「イチブトゼンブ」、「Liar!Liar!」の映像は50thシングル「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」の初回限定盤に付属のDVDに収録されています。またこのDVDには「GO FOR IT, BABY -キオクの山脈-」のPVも収録されています。

「さよなら傷だらけの日々よ」では、B'zの二人ともペプシのCM出演時と同じ全身黒の衣装で、上着はCM出演時と同じものを二人とも着用しています!当日、抽選に外れて見に行けなかった人も、このDVDを見て会場の熱気を味わってください!

Tag:ライブ・DVD  Trackback:0 comment:2 

HEAT

「HEAT」は韓国の歌手であるキム・ヒョンジュンが2012年7月4日に発売した、彼の2ndシングルです。楽曲提供はB’zで、史上初の詩・曲同時提供です!発売後、わずか1週間で183,000枚のセールスを記録しました。

ヒョンジュンさんはB’zの大ファンで、ほとんどのアルバムを持っており、パソコンには全曲のデータが入っているそうです。ファンの鏡ですね!

「HEAT」には詩・曲提供のみならず、稲葉さんがコーラスで参加しており、自分の曲は自分で弾くということで、ギターも松本さん本人がバッチリ弾いています!

「GO FOR IT BABY-キオクの山脈ー」のミュージックビデオ撮影の時にヒョンジュンさんがB’zの元を訪れ、そこで初めて会ったそうです。その際、B’zのお二人が巨匠にふさわしくないくらい親しく接してくれて、とても親近感を感じたそうです。

「HEAT」の曲作りに関しては、B’zの二人とも特に韓流を意識したわけでなく、いつもと同じように作ったそうです。B’z特有の長めのギター・ソロもきちんと入っており、「やっぱり、そこはB’z印を押しておかないとね」と松本さんは仰っています(笑)

ヒョンジュンさんは普段はほとんど日本語を話すことができず、B’zのお二人との会話は通訳を通して行われていたそうですが、「HEAT」は見事に発音良く日本語で歌い切っています!

「HEAT」のミュージック・ビデオでは、B’zを意識してかわかりませんが(笑)、ステージから炎が出まくっています!

Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:0 

「B’z」 全世界配信限定アルバム

f4ffd69655ed12.jpg
全世界配信限定ALBUM「B'z」が2012年7月25日にリリースされることが決定しました。世界63の国と地域に向け、iTunes Storeなどの音楽配信サービスにてリリースされます!

「B'z」には、B’zのヒットシングルを全英詩で書き下ろし、レコーディングしなおした以下の5曲が収録されています。

1. Love Bomb (ペプシネックスTVCMタイアップソング)
2. Splash
3. Juice
4. Ultra Soul
5. Into Free -Dangan- (PS3/Xbox 360用ゲームソフト「ドラゴンズドグマ」主題歌)

「Love Bomb」は、2005年3月9日発売の38thシングル「愛のバクダン」を新たに英語詞で書き下ろし、リ・レコーディングした新曲で、本日7月14日からO.A.スタートペプシネックス新TVCM「Summer Line篇」のCM楽曲として使われています。テレビでぜひチェックしてみてください!

「Splash」は2006年6月7日発売の42ndシングル「SPLASH!」のイングリッシュ・バージョンで、「B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon-」、北米ツアー「B'z LIVE-GYM 2011-long time no see-」で演奏されました。ライブ映像はライブDVD&Blu-ray Disc「B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon-」に収録されています。

「Juice」の原曲は2000年7月12日発売の29thシングル「juice」で、2011年6月にYouTubeに開設された「B'z Official YouTube Channel」で限定公開されていました。また、2011年の北米ツアー「B'z LIVE-GYM 2011-long time no see-」で演奏されました。

「Ultra Soul」の原曲は2001年3月14日に発売された31stシングル「ultra soul」です。2011年8月31日のリンキン・パークが主催した震災復興支援ライブ『Music for Relief - Secret Show for Japan』で初演奏されました。

「Into Free -Dangan-」の原曲は1998年4月8日発売の24thシングル「さまよえる蒼い弾丸」で、ワールドワイドリリースのゲームソフト「ドラゴンズドグマ」の主題歌として使用されました。この曲も、北米ツアー「B'z LIVE-GYM 2011-long time no see-」で演奏されました。

5曲とも、それぞれ曲自体も少しずつアレンジされ、かなりカッコよく仕上がっていると思います!原曲と聴き比べながら、どこが変わっているか、どこが変わっていないかなどをチェックしてみながら聴くと面白いと思います。

個人的には、配信曲はどうしても音質がCDよりも悪いため、後にCD化して欲しいですが、配信日が楽しみですね!世界各国の人々に気軽にB’zを知ってもらえるのは嬉しいです。


下記の各配信サイトページは「7/25 (水)」オープンです。
http://www.bz-vermillion.com/bz

Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:0 

名探偵コナン

「名探偵コナン」は週刊少年サンデーで連載中の漫画で、1994年の第5号から連載が開始され、2012年時点で、コミックスの総発行部数は1億4000万部という大人気作品です。

「名探偵コナン」は、読売テレビ・日本テレビ系列で1996年1月8日からアニメ放送が開始され、その「名探偵コナン」とB’zは数多くのタイアップをしてきています。B’zとしては8曲、稲葉浩志ソロ作品で1曲、名探偵コナンとタイアップしています。

143話から167話までは「ギリギリchop」がオープニングに使われ、これが初めてのB’zと名探偵コナンのコラボレーションとなりました。

425話から437話までは、「衝動」がオープニングに使われました。また、「衝動」のシングルには名探偵コナンの原作である青山剛昌が描いた稲葉さんの松本さんのイラストが描かれた紙が付属しています。

613話から626話までは「D’ont wanna lie」がオープニングに使われ、このオープニングはコナンの映像中に「ギリギリchop」と同様、B’zのPV映像が挿入されています。

300話から306話のエンディングでは稲葉さんのソロ作品である「overture」が使われました。

また、627話から628話には17thアルバム「C’mon」から「ピルグリム」エンディングテーマに使われました。

またB’zはアニメ版だけでなく、映画版もタイアップをしています。

「世紀末の魔術師」には「ONE」が、「ベイカー街の亡霊」には「Everlasting」が使われました。

また、記念すべき10作品目の「探偵達の鎮魂歌」には「ゆるぎないものひとつ」が、そして「沈黙の15分」では「D’ont wanna lie」が主題歌に使われました。

「ギリギリchop」と「D’ont wanna lie」のオープニングは、B’z本人がオープニングに登場し、B’zとコナンのコラボレーションを見ることが出来るので、ぜひご覧になってください。





Tag:エトセトラ  Trackback:0 comment:0 

SUPER LOVE SONG

16thアルバム「ACTION」の先行シングルとして発売された、B’zの44作目のシングルです。2nd beatには「ここから」、3rd beatには「FRICTION」が収録されています。

「SUPER LOVE SONG」は、元々テンポがもっとゆっくりで、まったりした感じの古いタイプのロックの曲で元々、はアルバムの楽曲だったそうです。「ACTION」の一曲目の「純情ACTION」がシングル候補だったのですが、SHOWCASEツアーで演奏した上で、「SUPER LOVE SONG」がシングル曲になったそうです。

「SUPER LOVE SONG」では、稲葉さんの独特な単語のチョイスが炸裂していますね!サビが「相乗効果でヨクなろう 同じベクトル持った僕ら無敵」ですからね・・・稲葉さんにしか思いつけない強烈なフレーズです!

この曲は、稲葉さんも仰っているのですが、曲調が全然ラブ・ソングっぽくないです(笑)

稲葉さんは、一般的に感じているLOVEという行為は別に「LOVE」じゃなくて、もうちょっとエゴがいっぱい入っているってことが多いんじゃないかな、と思っていて、それを超えたのが「LOVE」じゃないの?ということで、「SUPER」がついて「SUPER LOVE SONG」という曲名になったそうです。

稲葉さんは、この曲のタイトルについて「まぁ、ダサイって言われるかもしれないですけど。ダサさも大事なんで(笑)」とのお言葉を残しています。

初回限定盤には「B'z SHOWCASE 2007 -19- ZEPP TOKYO」での「SUPER LOVE SONG」のライブ映像を収録したDVDが付属しています。このライブ映像は、「B'z The Best "ULTRA Treasure"」の2CD+DVD版のDVD、『B'z LIVE in なんば 2006 & B'z SHOWCASE 2007 -19- at Zepp Tokyo」のBlu-rayのものとは異なります。

全く同じライブの映像ですが、両者は編集の仕方が異なっています。私はテレビとパソコンでそれぞれ同時再生して見てみましたが、とても不思議な感じでした(笑)興味のある方はやってみてください!

B’zは2007年、「SUPER LOVE SONG」を「HEY! HEY! HEY! SP」、 「MUSIC STATION」、「1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト 2007」 、「MUSIC STATION SUPER LIVE 2007」の計4番組で演奏を行っており、「HEY! HEY! HEY!」には初の出演となりました。シングルをこれほど多く演奏するのは珍しいですね。

動画は、「1億3000万人が選ぶ!ベストアーティスト 2007」出演の際のもので、テレビ番組出演の中では屈指の炎の多さですね(笑)セットもかなり豪華です!ラストの稲葉さんの連続シャウトがカッコイイです!

Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:0 

Don't Wanna Lie

「Don't Wanna Lie」はB’zの49作目のシングルで、2011年6月1日にリリースされました。「Don't Wanna Lie」は「名探偵コナン 沈黙の15分」とタイアップし、これは「探偵たちの鎮魂歌」の「ゆるぎないものひとつ」以来、約五年ぶりのタイアップとなりました。

初回限定盤と通常盤の2種リリースで、初回限定盤にはPVを収録したDVDが付属しています。2011年6月12日まで(当初は6月5日まで)のスペシャル特典で、初回限定盤、通常盤それぞれについているシールを送付すると「Don't Wanna Lie -Ballad Version-」が収録されたCDを応募者全員に、また初回限定盤のみのシールを送付すると、B'z直筆サイン入り「Don't Wanna Lie」オリジナルフラッグを抽選で100名にプレゼントのキャンペーンが実施されました。

「Don't Wanna Lie」は前作「さよなら傷だらけの日々よ」と同時進行で、同じ時期に作られ、B’zのお二人はいつもと同じように、「名探偵コナン 沈黙の15分」の台本を読んで、曲作りを行ったそうです。

B’zでは、タイアップする際、テレビと映画では曲の作り方を変えており、映画の方では比較的ゆったりとした曲調なのですが、今回、「Don't Wanna Lie」はテレビではオープニングで、映画ではエンディングで使われているため、松本さんは「上手いことバランスがとれる曲調を創らなきゃいけないなとは意識した」と仰っています。

「Don't Wanna Lie」のPVは、「水」を効果的に使った新しい感じのPVです!このPVでは、くるぶしほどの高さに水が満たされたアクリル水槽のステージで演奏が行われています。ドラムセットのシンバルにはチューブが取り付けられており、その先端から水が注がれます。そして、ドラムを叩くたびにいい感じに飛沫が舞っています!

水をバケツで浴びせられ、メンバーがずぶ濡れになるPV撮影でしたが、松本さんのギターは濡らすのはダメなので、松本さんの場合は袖口から水が飛び出す形になったようです。

「Don't Wanna Lie」のPVは、「ねがい」のPVの稲葉さんを彷彿とさせますね!稲葉さんが水を蹴り上げるシーンがめちゃくちゃカッコいいです!ぜひご覧になってください!

※「ねがい」に関しては、FC2ブログ「B’z・稲葉浩志の魅力」内の「ねがい」の記事を見てみてください。

Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:2 

さよなら傷だらけの日々よ

「さよなら傷だらけの日々」は2011年4月13日に発売したB’zの48枚目にシングルです。元は2011年3月30日が発売日でしたが、3月11日に発生した東日本大震災の影響で4月13日に発売が延期になりました。初回限定盤には「さよなら傷だらけの日々よ」のPVが収録されたDVDが付属しています。

「さよなら傷だらけの日々よ」は、ペプシコーラの「ペプシネックス」とタイアップし、本人出演のCMが作成されました。曲のタイアップは何十曲もありましたが、本人がCMに出演するのはB’z結成23年目にして初のことでした!

CMのヘリコプターからの空撮は本当に正面から突っ込んで来て、かなり低いところまで来たため、松本さんも稲葉さんもかなり驚いたそうです。

「さすがにちょっと怖かったよ・・・」(松本さん談)
「事故かと思った、マジで!」(稲葉さん談)

今回の撮影のヘリコプターのパイロットの方は、ハリウッド映画の撮影などでも活躍している凄腕の方で、そのため地面ギリギリからの飛行撮影が可能だったのです!

「さよなら傷だらけの日々よ」はペプシネックスをイメージして作られ、松本さんは「やっぱりアップテンポで爽やか」というイメージで、稲葉さんは「シュワッ!」というイメージで曲を作っていたそうです(笑)稲葉さんは曲作りの際に、「とりあえずペプシネックスを飲んでみよう!」ということで、ペプシを飲みながら作っていたそうです。

歌詞について、稲葉さんは「‘Go Next=次の世界へ’というキーワードがうまくリンクして作ることができたと思っています」と仰っており、本当に炭酸っぽい爽やかさが出ていると思います。


「さよなら傷だらけの日々よ」のジャケット写真は、昔のポスターのようなものになっているのですが、稲葉さんによると、タイトルが昔の映画みたいだったから、このような感じになったそうで、松本さんはこのジャケットを気に入っており、「いいよね、すごく好きだな」と仰っています。

PVの撮影はCMと同じく、ロサンゼルス郊外の荒野で行われ、B’zのお二人がすごい環境の中で演奏しています!砂埃が舞い上がり、稲妻が落ちまくる中での演奏は見ごたえ十分です!※もちろんCGです。






Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:2 

出会い

横浜国立大学卒業後、稲葉さんは大学時代からやっていた家庭教師のバイトを続け、他にもジーンズショップでジーンズ販売のバイトなどをやりながら、音楽活動を続けていました。

「とりあえず1年、音楽活動をさせてくれ」という稲葉さんの言葉を聴き、両親は稲葉さんの音楽活動を見守ってくれていたのですが、稲葉ママは稲葉さんをとても心配していました。

稲葉ママは、「近所のおじさんが亡くなった」などといった暗い話題を手紙に書いたりして、稲葉さんを心配させて稲葉さんが故郷に帰って来るようにしたりしていたそうです。

また、手紙には‘私の育て方が間違っていた’などといった内容も書いてあったりしたそうで、稲葉さんは「そう言われると、やっぱり辛かったですね」と仰っています。

親戚の結婚式などの行事で地元に戻ると必ず、叔父さんなどの親族から「浩志、もっとちゃんとしろ!」と稲葉さんは説教されていたそうです。周りから見ると、稲葉さんはただ働きたくなくて、フラフラしているようにしか見えなかったのでしょう。

稲葉さんがフリーター生活を続けて一年ほど経った1988年の5月、稲葉さんのフリーター生活に大きな転機が訪れました!ビーイングの社長から突然電話がかかってきたのです!

電話の内容は、「松本孝弘というギタリストが君と会いたがっている」というものでした!稲葉さんがフリーターをしている最中、一時期通っていた「音楽振興会」で録ったデモテープを聴いた松本さんが、稲葉さんに興味を抱いたのです!

松本さんは当時すでに、「浜田麻里」さんや「TM NETWORK」のサポートメンバーを務めており、自分のバンドを作ろうとデモテープを聴きまわってヴォーカルを探していました。そしてビーイングにあった稲葉さんのデモテープを聴き、稲葉さんの魅力的な声に魅了されたのです。

そして稲葉さんはビーイングに赴きました。これが、日本屈指のロックバンドB’zのメンバー、松本孝弘と稲葉浩志の「出会い」でした。もし、稲葉さんがデモテープを録っていなかったら、もし松本さんが稲葉さんのデモテープを聴く前に他の人とバンドを組んでしまっていたら、B’zの結成はあり得なかったでしょう。二人が出会ってくれて本当に良かったです!

Tag:エトセトラ  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

カネナガ

Author:カネナガ
管理人のカネナガです。私はB’zの稲葉さんが大好きで、ほとんど毎日聴いています。CDはオリジナル・ベストアルバムともに全て持っており、シングルもオリジナルアルバムに含まれていない曲が入っているものはすべて持っています。また、ライブDVDも全て持っています。このサイトでは、稲葉さんをこよなく愛する私が、稲葉さんの魅力をお伝えしていきたいと思います。記事の掲載に当たっては、テレビ番組、公式ファンサイト、公式ファンクラブ会報、書籍、雑誌記事などを元に、事実に忠実に作成しています。このサイトを見た方が、B’zの魅力に気づいてB'zファンになってくれたら幸いです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。