スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ねがい

「ねがい」は1995年5月31日発売のB'zの16作目のシングルです。「ねがい」は、松本さんがメロディを作り上げた後で稲葉さんがそれを聴き、アイデアを出し合い曲を完成させる、という普段の手順とは異なり、最初から二人でスタジオで制作された作品です。

この方法について、松本さんは、創りながら説明できるし、稲葉さんの意見も聞くことができるし、作業としてはすごく速くなると仰っており、稲葉さんは、口をはさむことが多く、文句を言っているのがほとんどだったそうです(笑)

PVは、撮影当日の朝、松本さんが体調不良で撮影現場に行けなくなるという事態が起きました!その結果、稲葉さんの映像は横浜ビジネスパークで、後日、松本さんは横浜ビジネスパークは撮影に申請・許可が必要なため、東雲のIRC2スタジオで撮影を行いました。

そのため、「ねがい」のPVは稲葉さんの映像と松本さんの映像が交互になっています。松本さんの体調不良が無ければ、今のものと全く違ったPVになっていたかもしれないそうです!

PVの2:31で稲葉さんがたまっている水を蹴り上げるのですが、この時の稲葉さんの脚線美がたまらないですね!ぜひ見てみてください!

スポンサーサイト

Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:0 

B'z The Best "ULTRA Treasure"

「B'z The Best "ULTRA Treasure"」はB'zが2008年9月17日にリリースした、「B'z The Best "ULTRA Pleasure"」に次ぐデビュー20周年を記念するベストアルバムです。2008年12月9日に、10万枚限定のウィンターギフトパッケージとして、「B'z The Best "ULTRA Pleasure"」のウィンターギフトパッケージと共に再発売されました。

収録曲は「B'z The Best "ULTRA Pleasure"」の収録曲を除く、45thシングル「BURN -フメツノフェイス-」までに発売された全ての楽曲から人気投票によって決定されました。

前回のファン投票によるベストアルバム「B'z The Best "Treasure"」は「はがき」での投票でしたが、今回は公式サイトからのファン投票となり、集計がかなり楽になりました!「B'z The Best "Treasure"」の時の集計の大変さについては、FC2ブログ「B’z・稲葉浩志の魅力」内の「B'z The Best "Treasure"」の記事を参考にしてください。

本作には2CD+DVD版と3CD版が存在しており、2CD+DVD版には2007年に行われた「B'z SHOWCASE 2007 -19-」の模様を収録されており、3CD版の3枚目のCDには新曲「いつかまたここで」が収録されています。「B'z SHOWCASE 2007 -19-」については、FC2ブログ「B’z・稲葉浩志の魅力」内の「B'z SHOWCASE 2007 -19-」の記事に詳しく書いていますので、良かったらどうぞ。

「いつかまたここで」の他にも、「B'z The Best "ULTRA Treasure"」には新録バージョンの「BLOWIN' -ULTRA Treasure Style-」、リミックスバージョンの「F・E・A・R -2008 Mix-」、「TOKYO DEVIL」の英語バージョンである「DEVIL」、25thシングル「HOME」の英語バージョンである「Home」、新曲の「グローリーデイズ」と、このアルバムにしか収録されていない曲がたくさん入っています!

「F・E・A・R」は稲葉さんがすごく好きな曲だそうで、ライブでやってもすごくかっこいいから、今のB’zでミックスしたらどうかなぁ、ということで、ぜひミックスをやってみたいと稲葉さんは思ったそうです。

「グローリーデイズ」は、一緒にいられた時の輝かしい時間が今の自分を作ってくれているよ、というテーマで作ったと稲葉さんは仰っています。

「いつかまたここで」について、「結構、速攻で作ったと思う。全然時間が掛からなかったという記憶がある。だから、本当に素直な気持ちを書いたんだと思います」とインタビューで答えられており、ストレートに感謝の気持ちを表した曲になっています。

「B'z The Best "ULTRA Treasure"」は2CD+DVD版と3CD版があり、どちらを買うか悩むと思いますが、3CD版とBlu-ray Disc「B'z LIVE in なんば 2006 & B'z SHOWCASE 2007 -19- at Zepp Tokyo」を買えばいいと思います。特典DVDの映像はBlu-ray Disc「B'z LIVE in なんば 2006 & B'z SHOWCASE 2007 -19- at Zepp Tokyo」に同じ内容のものが入っているので。

ちなみに自分はマニアなので、通常版の2CD+DVD版と3CD版、ウィンターギフトパッケージの2CD+DVD版と3CD版の、計4バージョン持っています(笑)


Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:0 

BURN -フメツノフェイス-

「BURN -フメツノフェイス-」は、2008年に唯一リリースされたシングルで、このシングルで通算45作品目のシングルとなりました。2nd beatは「yokohama」、3rd beatは「希望の歌」で、両曲ともこのシングルにしか収録されていません。

「BURN -フメツノフェイス-」は、『エスプリーク プレシャス』という化粧品のCMソングになっており、オファーがあってから制作に取り掛かったそうです。

松本さんは、今回の『エスプリーク プレシャス』のコマーシャルはすごく派手なもので、20周年を盛り上げるためにぜひ必要だと思った、と仰っています。

タイアップ商品『エスプリーク プレシャス』に元々「不滅のフェイス」というキャッチコピーがついており、「絶対そのフレーズを入れろ!」という要求は無かったそうですが、B’zのお二人は面白がって「BURN-フメツノフェイス-」の歌詞にそのまま全部入れたそうです!

そして、この「不滅」というテーマで掘り下げて「BURN -フメツノフェイス-」の歌詞を書こうと稲葉さんは思い、歌詞を書き上げたとのことです。

この歌は、歌詞が本当に素晴らしく、私のお気に入りの曲です!「不滅」というテーマなので、「存在をこの世に焼きつかせる」という意味の歌詞になっており、一番で「太陽のように焼きついて」、二番で「血よりも紅く焼きついて」というフレーズか使われています。そして、最後は「空より蒼く焼きついて」という、稲葉さんにしか思いつけないフレーズになっています!

稲葉さんは歌唱力ばかりに目が行きがちですが、稲葉さんの類まれな作詞のセンスがあってこそ、これほどまでの人気が出たのだと思います。

「BURN -フメツノフェイス-」のPVはCGが駆使されたものになっており、B’zのメンバーが炎の中、雷の中、水の中と、凄まじい状況で演奏しています!

撮影は30回を超える演奏回数となり、かなりの長丁場だったそうです。そのためか、メンバー内で早口言葉が流行り、早口言葉で暇をつぶしていたそうです(笑)B’zのメンバーの苦労の結晶であるPVを、瞳に「焼きつけて」ください!

Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:0 

B'z SHOWCASE 2007 -19-at-Zepp Tokyo

「B'z SHOWCASE 2007 -19-」は、2007年6月21日にZepp Tokyoで行われたライブです。「B'z The Best "ULTRA Treasure"」の2CD+DVD版のDVDにその模様が収録されています。また、Blu-ray Discバージョンの映像は「B'z LIVE in なんば 2006 & B'z SHOWCASE 2007 -19- at Zepp Tokyo」に収録されています。

SHOWCASEのタイトルの「19」は、B’zの19歳の年ということでついたタイトルだそうです。それにちなんでかはわかりませんが、演奏曲数も19曲です。

今回のSHOWCASEライブは、B’zのお二人の「地元のファンの方や一般の方にもライブを見てもらいたい」、「小さい会場でもライブがやりたい」といった意向で、夏に急遽決まったそうです。

SHOWCASEライブは、一般告知はもちろんのこと、公式ファンクラブの「B’z Party」でも全く告知されず、地元紙の小さな三行広告欄にライブ数日前に発表されるだけでした!B’zのような超有名アーティストが突然地元で演奏するなんて、見つけた人は本当に驚いたでしょうね!

SHOWCASEということで、セットリストの選曲に制限が無く、シングル曲は全19曲中、6曲しか演奏されておらず、珍しい曲も多数演奏されています。セットリストは以下の通りです。

1.SUPER LOVE SONG 2.FRICTION 3.HOT FASHION -流行過多- 4.愛のバクダン 5.ultra soul 6.ロンリースターズ 7.泣いて 泣いて 泣きやんだら 8.永遠の翼 9.太陽のKomachi Angel 10.銀の翼で翔べ 11.春 12.ながい愛 13.F・E・A・R 14.アラクレ 15.BANZAI 16.ALL-OUT ATTACK 17.Out Of Control 〜ENCORE〜1.ARIGATO 2.おでかけしましょ

「SUPER LOVE SONG」、「FRICTION」は、当時まだ未発表曲でしたが、観客は大変な盛り上がりを見せてくれます。

「アラクレ」では、「juice」のイントロが始まったと思いきや、「アラクレ」のイントロに変わります!これはB’zのメンバーからのサプライズで、2007年6月18日の札幌でのSHOWCASEでは、この位置で「juice」が演奏されていたのです。

「B'z SHOWCASE 2007 -19-at-Zepp Tokyo」では、LIVE-GYMとは違ってB'zの十八番の「爆発」などの派手な演出はありませんが、B’zのメンバーと観客の距離がめちゃくちゃ近くて、最前列の人は手を伸ばせば届きそうなほど近いです!

ステージと観客との距離が近く、観客はほとんどがスタンディングで密着していて、ライブの熱気が映像からビシバシと伝わってきます!皆さんもこのライブDVDorBlu-ray Discを見て、盛り上がりましょう!

Tag:ライブ・DVD  Trackback:0 comment:0 

May

「May」は2000年5月24日に発売されたB’zの28作目のシングルです。B’zのお二人は、2000年の1月からずっとレコーディングしていて、「May」はその中で十何曲目の曲だったそうです。

その中から「May」をシングルに選んだ理由として、ここでもう一回B’zに持たれているいくつかある典型的なタイプのどこかに近づけてみてはどうか、ということを稲葉さんは述べられています。

メロディに関しては、松本さんは以前のB’zみたいに行かないようにしよう、と言うことはあまり気にせず、いつもみたいには考えずに、そのままの気分で創ったそうです。

「May」という曲のタイトルは、稲葉さんが考えたのではなく、松本さんが考えたそうで、珍しいことですね!稲葉さんは詩についてはずっと考えていたそうなのですが、タイトルが無く、「なんかいいのない?」と松本さんに訊いたところ、「Mayは?」という答えが返ってきて、すぐにそれに決定したそうです!

「May」はすごく簡単なタイトルだけど、五月病というように、何かむなしいみたいな、ということを松本さんが稲葉さんに言うと、稲葉さんもそれを十分に考えており、詩を書いたそうです。

ヴォーカル撮りについては、すごく言葉が伝わるように、なおかつ感情的になりすぎないように、稲葉さんは気を付けたそうです。

PVは、これまでのものとかなり異なった雰囲気を持つPVです!大量のろうそくの中で演奏を行い、装束姿の人が何十人も登場し、不思議な雰囲気のPVです。

PVの撮影は、栃木県宇都宮市にある、大谷寺内の大谷資料館で行われました。ここは、貯蔵庫が併設されておりかなり寒く、当日は雨も降っており、エキストラの人々は装束姿で裸足なのでとても寒かったそうです。

撮影時、大量のろうそくが使われているのですが、あちらで点けている間にこちらで消えたり、ろうそくを点けている間に先に点けたろうそくが短くなってしまうため、それを入れ替たりするなど、非常に苦労したそうです。
映像では、欠けることなく、きれいにろうそくが灯っています!

Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:0 

Hollywood's RockWalk

2007年11月19日、B'zがアジア圏内のミュージシャンとして初の「Hollywood's RockWalk」を受賞しました!「Hollywood's RockWalk」は、1985年11月、ハリウッドの中心に位置するギターセンター・ストアにロックの歴史をたどる場所として設立されました。ここでは、ロックを芸術として、また、音楽に多大な貢献をしたミュージシャンを讃え、その手形とネームプレートをエントランスに展示しています。

「Hollywood's RockWalk」の受賞者には、これまでにJimi Hendrix、Kiss、Aerosmith、Van Halen、Eric Clapton、Steve Vai、Slashなど、多数のミュージシャンが受賞しており、B'zは176組目受賞者となりました!もう少し遅ければ178組目になったのに、惜しかったですね(笑)

受賞の理由としては、記録的な売り上げ、LIVEでのパフォーマンス、海外の著名なミュージシャンとのコラボレーション、海外でのコンサート活動や、すでに「Hollywood's RockWalk」を受賞しているSteve Vaiからの推薦などが理由として挙げられます。その結果、アジア圏内初の受賞という素晴らしい結果となりました。

2007年11月19日のセレモニーの際、石膏で手形を取った後、二人は真っ黒に染まった両手を掲げました!そして、テーブルの隣の床に置かれた黄色のコンテナに入っている水で手を洗ってから、「Hollywood's RockWalk」受賞記念の額を掲げました。もちろん、手を洗う様子は映像からはしっかりカットしてあります(笑)

セレモニーが終わり、長いリムジンに乗り込んだ後、稲葉さんは乾燥機を掛けたままだったことを思い出し、「早く延長しないと!」と言っていたそうです(笑)

セレモニーの際の稲葉さんのスピーチは必見です!いや、本当に英語ペラペラで、めちゃくちゃカッコイイですね!皆さん、ぜひ見てください!


Tag:エトセトラ  Trackback:0 comment:0 

パーフェクトライフ

「パーフェクトライフ」は、2007年12月5日にリリースされたB'zの16作目のオリジナルアルバム「ACTION」に収録されている曲です。ギターのリズムが独特で面白く、歌詞も稲葉さんの本領が発揮された素晴らしいものになっています!

松本さんによると、この曲はレコーディングの波に乗っている時にトントントンとできた曲で、メロディもアレンジメントもわりとすんなりできたそうです。

「パーフェクトライフ」は歌詞が稲葉節全開で、特にさびがすごいことになっています。サビはなんと、「Go onこれが MY WAY」と言うフレーズで始まります!稲葉さんは仮歌で歌っていた部分をなぜか変えられなくなり、「わかりやすくていいかな?」、ということで、仮歌のままになり、このようなすごい歌詞になったそうです。

PVの撮影はサーカス場で行われ、岡山県岡山市北区に本部を持つサーカス団「木下大サーカス」の方々や、あちこちから呼んだパフォーマンスのスペシャリストの方々と共に行われたそうで、ジャグリング、軟体、炎吹きなどを特技とする、様々なパフォーマーが各地から集結しました。

稲葉さんと松本さんは待ち時間の間、サーカスのシマウマやキリンと交流していたそうです。稲葉さんは、今回の撮影で初めてキリンに触ったそうで、ファンクラブ会報の2007年の「撮影時での衝撃ニュース」で「きりんがかわいすぎた」と回答されています(笑)

「パーフェクトライフ」のPVは、猛獣やパフォーマーによる素晴らしいパフォーマンスなど、B'zのお二人以外にも本当に見どころがたくさんあります!何度見ても新たな発見があると思います。みなさんもぜひ何度も見てみてください!

Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:2 

B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-

B'zの20周年のツアー公演は、2008年9月6日〜9月21日におこなわれ、このDVDにはデビューからちょうど20年後にあたる、2008年9月21日に日産スタジアムで行われた「B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 GLORY DAYS」の映像が収録されています。

このライブは、まずオープニングのムービーがすごいです!B'zの20年間を振り返る球体が水中に浮かんでおり、その中を一人の女性が水面へと上がって行きます。B'zの歴史とともに、女性も赤ん坊から大人へと成長していき、ついには映像の中の女性がステージに登場します!

そして、その女性が「Well,I really don’t know how to say but・・・I guess I love you」と言い、「BAD COMMUNICATION」の演奏が始まります!

続く「ultra soul」では、予想外のハプニングが起きます!なんと、稲葉さんが、「その手でドアを開けましょう」のところを「今こそ胸をはりましょう」と歌詞を間違えてしまったのです。

「恋心 (KOI-GOKORO)」では、「松本に相談しようか」のところで、スクリーンで松本さんがハートマークで囲まれ観客席から歓声が上がります!

「孤独のRunaway 」の演奏時には雨が強くなり、稲葉さんが、松本さんはびしょ濡れになりながらも力強いパフォーマンスを見せてくれます!

ライブ中盤では、B'zのデビュー当初の映像が流れます。特にすごかったのは、テレビ初出演時の映像で、稲葉さんが決め顔でひたすらに腰を振っています!この時の観客の歓声はすごかったですね!

その後、B'zの二人が初めて一緒に音を出したスタジオ「SOUND JOKER」を模したセットで、二人きりでの演奏が始まります。そして、B'zの二人が初めてセッションした曲であるビートルズの「Oh! Darling」の演奏が稲葉さんと松本さんのギターのみで演奏されます。

このセットでは、次にカラオケをバックにデビュー曲「だからその手を離して」の演奏が行われます。その後、「B'z The Best "ULTRA Treasure"」に収録された「いつかまたここで」の演奏が始まります。

「LOVE PHANTOM」では、稲葉さんがステージの端から端まで疾走します。走りながらでも、まったく声が乱れません。日ごろからハードなトレーニングを積んでいる稲葉さんにしかできない芸当だと思います!

「ZERO」では、ラストでステージ上から大きな火柱が上がります!続く「juice」では、爆発とともに演奏が始まり、これでもかとばかりに火柱が上がります。今回は、横に出るタイプの火柱もあり、ステージのいろんところから火柱が出まくっています!また、途中で20秒を越える超ロングシャウトを披露してくれます。続く「愛のバクダン」の冒頭では、何十発もの花火が上がります!

「ギリギリchop」では、稲葉さんが脅威のズボン早着替えを見せ、一瞬にして短パン姿になります!長ズボンが裂けて?短パンになってしまいます!稲葉さんの脚線美に注目してください!

エンディングでは稲葉さんが客席を回り、なんと観客に直接手を触れながらハイタッチしちゃってます!これは普段ならあり得ないことで、稲葉さんに触れた人は超ラッキーですね!ラストでは、感動のB’zの二人が熱い抱擁を交わすシーンを見ることができます!

「B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-」はB'zの20周年を飾る、本当に素晴らしいライブでした。皆さんも、ライブ当日に観客が体験した感動を味わってみて下さい!

Tag:ライブ・DVD  Trackback:0 comment:0 

DIVE

「DIVE」は両A面シングル「イチブトゼンブ/DIVE」に収録され、スズキ『スイフト』のCMソングとして使われました。17thアルバム「MAGIC」には表記はないものの、最初のサビをゆっくりと歌っている部分がカットされたバージョンで収録されています。

松本さんによると、「DIVE」はメロディは書き始めたら一気に仕上がったそうですが、一度全部出来上がってからサビを全部入れ替えたそうです。すると、急にシングル曲っぽくなったそうです。「DIVE」はまさにB'zの王道のサウンドと言うべき曲で、本当にカッコイイ曲だと思います!

「DIVE」の撮影は「イチブトゼンブ」のPVの撮影後から数日後のロサンゼルスの郊外で撮影されました。撮影中は道路を封鎖して、関係者以外は通れないようにして撮影を行ったそうです。撮影前、稲葉さんは足を打撲してしまっていたそうですが、PVの映像では痛みに負けずに激しい動きを見せてくれています!

このPVでは、稲葉さんが腕から手にかけて装着する指が出るタイプのグローブや、ロングカーディガン、革のパンツなどを身にまとっていて、全身ほぼ黒づくめで、まるでビジュアル系バンドのようです!

2:55のところで稲葉さんがライターを点けているのですが、撮影時、何度やっても火がつかず、あまりの点かなさに稲葉さんは笑い出してしまったそうです。映像ではほんの一瞬ですが、裏では稲葉さんの苦労があったんだなぁと思いながら見てみてください。

「DIVE」のPVは鉤イカツイ男が美女をモーテルに追い詰めるというストーリーで、バイクのハイジャンプシーンや、爆発シーンもあり、見ごたえ十分ですよ!



Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:0 

イチブトゼンブ

「イチブトゼンブ」は19thシングル「ミエナイチカラ 〜INVISIBLE ONE〜/MOVE」以来、2作目となる両A面シングルです。稲葉さんによると、「イチブトゼンブ」、「DIVE」ともにタイアップがついていて、両方のカラーを聴かせたい、ということで両A面という策がとられたそうです。

「イチブトゼンブ」は、フジテレビの月9ドラマ「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」のために書き下ろされた曲で、ドラマの盛り上がり所で、イントロのかっこいいシンセサイザーの音が流れてきます!

このイントロ効果?と、月9効果によって、レコチョクでの着うたランキングでは「イチブトゼンブ」のCD発売前から2週以上TOP3にランクインし、発売後は7週連続首位を記録し、着うたフルを合わせたダウンロード数は最終的には222万ダウンロードを記録しました!

PVの撮影は、ロサンゼルス郊外にある「車の墓場」と言われている廃車場で行われました。「イチブトゼンブ」は曲調が爽やかなイメージで、青空の下でのPVよりはギャップがある方が面白いということで、このようなPVになったと稲葉さんは仰っています。

撮影時、地上から数メートルの高さの車のボンネットの上に立って松本さんが演奏するという演出がなされたのですが、松本さんは高所恐怖症なので、「ずっと足が震えていた」と下りた後に仰っていました(笑)

「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜」で使用されたバラードバージョンは、47thシングル「MY LONELY TOWN」の3rd beatに収録されています。気になる方は聴いてみてください。

Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:0 

FAN CLUB  EVENT

B'zには、公式ファンクラブ「B'z Party」が存在します。「B'z Party」に入ると、年4回の会報、コンサートチケットなどの優先予約、ファンクラブwebサイトへのアクセス権、などの様々な特典があります。

今回は、ファンクラブ主催による、過去に行われた超豪華なイベントについて書きたいと思います。

第一回目のファンクラブイベントでは、1990年の4月に東京、名古屋、大阪の全3か所で行われました。イベントはクラブを貸し切って行われ、「BAD COMMUNICATION」や「LADY GO ROUND」のPVが流れる中でのダンスタイムや、B'zのお二人への質問コーナー、クイズ大会などが行われたそうです!他には、「GUITAR KIDS RHAPSODY」と「いちご白書をもう一度」をアコースティックver.で演奏するというミニライブも行われました。

今では考えられない、超豪華なイベントです!しかし、第二回目のイベントは第一回目を上回る、凄まじいイベントでした!私もこれを知った時には本当に驚愕しました!

そのイベントとは、B'zのお二人と一緒に「ハワイ」に行くというものでした!驚きませんか?!

「B'z PARTY in HAWAII」は4泊5日というスケジュールで1991年9月12日(木)から1991年9月17日にかけて行われました。参加者は、ハワイ到着から3日目にメンバーと対面しました。プライベートビーチを貸し切ってのドッヂボール大会、現地のクラブでのダンスパーティー、イントロ当てクイズなどが行われました!いや、本当に当時の参加者がうらやましいですね!

他には、リリース前の新曲「Crazy Randezvous」、「ALONE」、松本さんのソロシングル「’88~LOVE STORY」の公開なども行われました。いや、本当にすごい内容です!今から20年以上も前のイベントですが、参加された幸運な方々は一生の思い出になったことでしょう。
 
この「ハワイ」イベントが歴代で最強のイベントでしょう。B'zメンバーとの海外旅行が再び企画されることを強く願っています!

Tag:エトセトラ  Trackback:0 comment:0 

マジカルバックステージツアー 2009

「マジカルバックステージツアー 2009」は、B’zの17作目のオリジナルアルバムである「MAGIC」の、初回限定盤に付属している2009年のB'zの活動を収録したDVDです。現在のところ、ドキュメンタリー映像が特典に付いているオリジナルアルバムは「MAGIC」の初回限定盤だけです。

DVDの序盤では、アルバムに収録されている曲の制作過程を見ることができます。稲葉さん、松本さんが互いにアイデアを出し合っています。この過程があるからこそ、素晴らしい曲が生まれるのでしょうね。「MY LONELY TOWN」について、松本さんが「B'zとして久々の会心の一発」と、べた褒めしています。

他にも、「DIVE」、「イチブトゼンブ」、「MY LONELY TOWN」のPVの制作風景も見ることができます。「DIVE」では鉤爪ライダー、「イチブトゼンブ」ではスクラップされた車の山、「MY LONELY TOWN」では軍艦島の廃墟と、三曲とも見どころたっぷりの豪華なPVです!

「B'z SHOWCASE 2009 -B'z In Your Town-」の映像も収録されており、超レアな曲のライブ映像が収録されています!なんと、アルバム「RISKY」から「VAMPIRE WOMAN」が、アルバム「IN THE LIFE」から「Crazy Rendezvous」が演奏されました。両方ともかなり久しぶりに演奏される曲で、本当にレアな映像なので、要チェックです!

稲葉さん、松本さんのメイクをしている貴重な映像も見ることができ、稲葉さんが楽屋で足を上げてストレッチしている姿も見ることができます。

また、終盤には「SUMMER SONIC 2009」のライブ映像が収録されています。B'zのお二人のサマーソニックに対する意見も聴くことができ、稲葉さんは、普段B'zを聴かない人にも聴いてもらえるチャンスで面白いと仰っています。

曲の一部では無く、「DIVE」、「MY LONELY TOWN」、「イチブトゼンブ」の三曲の「SUMMER SONIC 2009」でのライブ映像が完全収録されています。

「マジカルバックステージツアー 2009」では、その名の通りB'zの普段は見られないバックステージを見ることができます。B'zのお二人の日常的なやり取りも多く収録されていて、おススメですよ。

Tag:ライブ・DVD  Trackback:0 comment:0 

MY LONELY TOWN

「MY LONELY TOWN」は、B'zの47作目のシングルです。初回限定盤にはB'z初のPVが収録されたDVDが付属しています!

「MY LONELY TOWN」について、松本さんは「会心の出来」と仰っていて、メロディーができた段階で「この曲は絶対に良くなる」と確信したそうです。松本さんは、稲葉さんがいいテンションの時にこの曲に臨めるように、タイミングをうかがって「MY LONELY TOWN」のメロディーを出し惜しみしていたそうです。

「MY LONELY TOWN」のPVは軍艦島で行われました。軍艦島は、長崎県にあり、南北に約480メートル、東西に約160メートル、面積約63000平方メートルという小さな炭鉱の島で、1974年1月に炭鉱が閉鎖した後、1974年4月に無人島になった島で、2009年4月22日から観光可能になった島です。

軍艦島に向かう際、観光船が上陸していない時間帯に撮影を行おうと漁船で向かったため、稲葉さんはビショ濡れになってしまったそうです。また、撮影当日は日差しと風が強く、大変な撮影だったそうです。しかし、強風がPVの演出に一役買っており、強風でなびくメンバーの髪や衣装がいい雰囲気を醸しています!

CDジャケットにも軍艦島の写真が使用されており、インタビューで稲葉さんは「MY LONELY TOWN」のイメージと軍艦島の廃墟の感じが、すごく合っていたと答えられています。また、ジャケットの軍艦島の写真は表面に特殊な加工がしてあり、ザラザラしています。廃墟の手触りをイメージしたものでしょうか?

「MY LONELY TOWN」のPVは、曲と廃墟の感じが絶妙にマッチしており、とてもカッコイイものに仕上がっています!B'zマニア、廃墟マニアは是非見てみてください。




Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:0 

B'z LIVE in なんば

2006年9月1日になんばHatchで行われた招待制ライブの映像を収録したライブDVDです。オーディエンスは、16thアルバム「MONSTER」の初回購入者の中から抽選で選ばれました。

日本人アーティストとして、初めてControl Room(当時 Network LIVE)にラインアップされ、このライブの模様は全世界に向けて配信され、全英詩の曲が多く演奏されています。

前ライブを収録したライブDVD「B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"」と13曲が重複していますが、新たなセットとなり、レアな全英詩の曲も多く演奏されているので、見応えは十分にあると思います! 「Real Thing Shakes」、「DEVIL」、「Brighter Day」、「HOME」の4曲が全英詩で演奏されました。

「B'z LIVE in なんば」では、映像が世界配信されることが決まっていたためか、和風っぽい演出が数多く見られます。

「Real Thing Shakes」の時には、モニターに花札が並んだ映像が表示されたり、和歌の動画が流れたりしています!

続く「DEVIL」では、家紋を用いた動画がモニターに映し出されます!家紋が次から次へと現れていき、とてもカッコ良い動画になっていると思います。

「Brighter Day」では、最初に「一期一会」の文字が映し出されます。他にも、浮世絵や桜、富士山の映像が写し出され、最後はまた「一期一会」の文字で締めくくられます。

「HOME」では、演奏中に秋っぽい?和風ムービーが流れます。ラストには、風神・雷神の映像が映し出されます。

「MONSTER」では、「オイラの武器の方が」のところで稲葉さんが彼の「武器」をわしづかみにして歌っています!それにしても、稲葉さんはすごい歌詞を書きますね(笑)

「B'z LIVE in なんば」は、1400名限定の招待制ライブを狭い会場で行っていて、観客がぎゅう詰めになっており、稲葉さんと観客の距離もめちゃくちゃ近くて臨場感があります!和風な演出もかなり珍しいので、気になる方は是非ご覧になってください。

Tag:ライブ・DVD  Trackback:0 comment:0 

B'z The Best "Pleasure Ⅱ"

B'zが2005年11月30日にリリースしたベストアルバムです。25thシングルの「HOME」から、39thシングルまでの「OCEAN」までのシングル曲15曲と、テレビ番組「恋するハニカミ」でしようされた、「いつかのメリークリスマス」の別バージョンの≪いつかのメリークリスマス ~「恋するハニカミ!」バージョン~≫が収録されています。

「B'z The Best "Pleasure Ⅱ"」は、B’zのようにたくさん曲を出していると、どれから買えばよいかわからないから、新しい世代に人の取っ掛かりになれば、ということで発売に至ったそうです。

ジャケットの色が、「B'z The Best "Pleasure"」はゴールド、「B'z The Best "Treasure"」はシルバーでしたが、「B'z The Best "Pleasure Ⅱ"」は赤でした。この赤の色は、松本さんの愛車、フェラーリの車の色で、フェラーリ社に許可を得て使用したそうです。

この色について、稲葉さんは「す~っごい綺麗だなって思った」と仰られ、松本さんも「す~んっごい綺麗!」と絶賛されています。私も本当に鮮やかな赤だと思いました。ぜひ実物で「フェラーリ・レッド」の色を確かめてみてください!

今回も、「B'z The Best "Pleasure"」、「B'z The Best "Treasure"」と同様に、歴代のジャケットで使っていた衣装や、ツアーの衣装を稲葉さん、松本さんが着て撮影を行い、その写真を合成するというものでした。今回は、ライブ会場中の人間すべてが稲葉さんと松本さんというジャケット写真になっています。

撮影に当たって、小道具はスタッフから渡されるものの、それぞれの写真のポーズはすべてB'zのお二人のアドリブで、二人とも様々なポーズでファンを楽しませてくれます!

昔の衣装を着た際、稲葉さんは衣装を着た当時よりもさらに筋肉が発達していたため、太ももの辺りがかなりきつくなっていたそうです(笑)

B'zの二人だけで満たされたライブ会場の裏表紙を見て、どの衣装がいつ使われたものか、などと考えながら見てみると面白いと思います。皆さんもぜひじっくり眺めてお楽しみください!

「B'z The Best "Pleasure Ⅱ"」の広告が2005年10月28日付読売新聞朝刊に掲載され、右は稲葉製作所(イナバ物置)、左は松本引越センターのパロディになっています。右は稲葉製作所社長と99人の稲葉さんに、左は電話対応のお兄さんが松本さんになっています。



Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:0 

OCEAN

「OCEAN」は、ドラマ「海猿」のために書き下ろされたB'zの39作目のシングル曲です。2001年8月8日発売の「GOLD」以来、ほぼ4年振りのバラード曲となりました。

PVは、海上保安庁の全面協力によって、第四管区海上保安本部所属の大型巡視船「みずほ」で2005年6月15日に撮影が行われました。B'zのお二人も、今回の撮影で初めて巡視船に乗られたそうです。

巡視船は、日本では海上保安庁に所属し、海上の警備と救難業務などの役割を担う船で、外洋で行動する大型で航洋性のあるものを巡視船といいます。

今回のPV撮影は、映像は華やかですが、撮影に関わった方々は大変な苦労をしたそうです。バンドの人たちや、ストリングスの人たちは、午前中ぐらいに撮影が終わったのですが、「みずほ」は巡視船のため、なかなか帰ることができなかったそうです。

なんと、「みずほ」に15、6時間乗っていたそうです!その間、撮影がすぐに終わった方々はずっと船に乗ったままでした。

船と言えば「船酔い」?ですが、大型船のためか、揺れは比較的少なく、B'zのお二人はあまり酔わずに済んだそうです。

かなりの長丁場の撮影の甲斐あって、「OCEAN」のPVは素晴らしいものになっています。大海原の中、巡視船の上での演奏は見応え十分です!ぜひチェックしてみてください。

Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:0 

B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"(DISC3)

「B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"」は、三枚のDVDで構成されたB'zのDVD作品です。DISC1&2では、2006年7月2日〜8月29日に行われたライブツアー「B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"」から東京公演を中心にライブ映像が収録されています。

三枚目の「OFF LIMITS 〜HOW TWO MEN CREATED A MONSTER〜」には、ツアーを追ったドキュメンタリーが収められています。「OFF LIMITS」は、限界の外、立ち入り禁止という意味で、普段は見られないB'zの姿が「OFF LIMITS 〜HOW TWO MEN CREATED A MONSTER〜」収められています。

冒頭では、稲葉さんと松本さんが互いにどう思っているかを語っていて、互いに本当に信頼し合っているんだなぁ、としみじみと思いました。この二人が出会ってくれて良かったです。

また、稲葉さんが作詞をどう行っているか、松本さんが作曲をどう行っているかを詳細に語っている場面も収録されています。

稲葉さんが「MVP」の振付けのレッスンを受けている様子も収録されています。私が印象的に思ったのは、「稲葉さんの「自分たちのMONSTERを暴れさせる、こう、リングというか土俵というか、それがまあB’zというグループなんだと思いますね」というセリフです。稲葉さんはいつもは落ち着いた雰囲気なのに、本当にライブ中は激しくて(笑)、そのギャップがまた良いと思います。同一人物とは思えません。

後半には、B'zのファンの方々のインタビューが収録されています。一般のインタビューよりもかなり深いインタビューになっていて、B'zファンがどれだけB'zを愛しているかがわかると思います。

また、松本さんがゴルフをする貴重な映像も収録されています。

「OFF LIMITS 〜HOW TWO MEN CREATED A MONSTER〜」は、以上のように多彩な内容になっています。B'zより深く知りたい方は、ぜひご覧になってください。

Tag:ライブ・DVD  Trackback:0 comment:0 

B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"(DISC1&DISC2)

ライブDVD「B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"」のDISC1&2には、2006年7月2日〜8月29日に行われたライブツアー「B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"」から、東京公演を中心に映像が収録されています。

オープニング曲の「ALL-OUT ATTACK」では、稲葉さんが深紅のロングコートという珍しい衣装で登場します!この曲では、ライトが効果的に用いられており、暗闇の中で稲葉さんがカッコよく照らし出されます!

続く「juice」では、深紅のロングコートが稲葉さんが動くたびにたなびき、何ともかっこいいですね。

「juice」~「ピエロ」の間に、「B'zのLIVE-GYMにようこそ!!」が行われるのですが、これは日替わりで3パターン用意されていました。

このDVDでは、紫のパーマの髪のハデな服装の女性が暴れており、警備員が取り押さえようとするのを振り切り、黄色のタンクトップに書かれた、「B'zのLIVE-GYMにようこそ!!」の文字をカメラにその豊満な胸!とともに見せつけるというバージョンでした。他のバージョンはDISC3に少しですが収録されています。

「ネテモサメテモ」では、稲葉さんがブルースハープを吹いた後に、それを観客にプレゼントしちゃってます!

「恋のサマーセッション」では、ステージに女子高生に扮したダンサーが大量に現れます!もちろん、女性ですよ。B'zでダンサーをもちいるという演出を行うのは稀なので要チェックです!女の子が可愛いですね。

「MVP」では、稲葉さんが振り付きで歌を歌ってくれます!「M」、「V」、「P」の文字を体で表現するのですが、その指導を稲葉さんが観客に行い、会場にいるみんなが踊っています!

メンバーがドームの真ん中あたりの小さなステージに移動して、全員がアコースティックギターを奏でて「Happy Birthday」を演奏します。ラストでは、メンバー全員がHappy Birthday to youと歌っています。

「MONSTER」では、Stage Set DesignerのMark Fisherがデザインした超巨大モンスター・パペットが登場します!このパペットの動きが独特で、イイ雰囲気を醸しています!「MONSTER」では、大量のスモークが焚かれ、火柱も上がりまくり、めちゃくちゃ盛り上がっています!

「RUN」では、演奏のラストのところで、稲葉さんがステージから下り、東京ドームの客席の間を走りながらうたいます!ラストの曲でこのパフォーマンスはすごいですね!稲葉さんの体力は測り知れません。



Tag:ライブ・DVD  Trackback:0 comment:0 

B'z The Best "ULTRA Pleasure"

B'zデビュー20周年を記念してリリースされた、CD2枚組ベストアルバムです。過去のライブ映像が収録されたDVDが付属している"2CD+DVD"と通常版の"2CD"があります。"2CD"の方のバージョンには、"2CD+DVD"のDVDがあったところに、DVDの代わりに稲葉さんと松本さんが写った"2CD"バージョンとは別の写真の厚紙が貼られています。

また、2008年12月9日には、「B'z The Best "ULTRA Pleasure"」と、「B'z The Best "ULTRA Treasure"」の、ジャケットやレーベルを変更した10万セット限定のウィンターギフトパッケージがともに再発売されました。

「B'z The Best "ULTRA Pleasure"」には、「BAD COMMUNICATION -ULTRA Pleasure Style-」と「Pleasure 2008 〜人生の快楽〜」が原曲を新たにレコーディングして収録されていています。この二曲はほかのアルバムには収録されていないので、要チェックですよ!

このアルバムの目玉は、なんといってもDVDです!このDVDには、超レアな映像が10曲も収録されています!B'zのライブは、映像化されないものも多いのですが、このDVDにはいろいろな年度のライブ映像が収録されています。収録曲は、
 1.「愛しい人よGood Night... 」[B'z LIVE-GYM Pleasure '92 “TIME”] (横浜アリーナ/1992.8.20)
2.「もう一度キスしたかった 」[B'z LIVE-GYM '93 “RUN”] (国立代々木競技場 第一体育館/1993.6.17)
3.「おでかけしましょ 」[B'z LIVE-GYM '94 “THE 9TH BLUES -Part1-”] (横浜アリーナ/1994.7.1)
4.「love me, I love you」 [B'z LIVE-GYM '96 “Spirit LOOSE”] (国立代々木競技場 第一体育館/1996.5.22)
5.「BAD COMMUNICATION」 [B'z LIVE-GYM Pleasure '97 “FIREBALL”] (東京ドーム/1997.3.23)
6.「Calling」[B'z LIVE-GYM '98 “SURVIVE”] (大阪城ホール/1998.6.2)
7.「LOVE PHANTOM」 [B'z LIVE-GYM Pleasure 2000 “juice”] (千葉マリンスタジアム/2000.8.9)
8.「GOLD」 [B'z LIVE-GYM 2001 “ELEVEN”] (西武ドーム/2001.7.15)
9.「Don't Leave Me」 [B'z LIVE-GYM 2003 “BIG MACHINE”] (東京ドーム/2003.12.27)
10.「さまよえる蒼い弾丸」 [B'z LIVE-GYM 2005 “CIRCLE OF ROCK”] (幕張メッセ・イベントホール/2005.7.7
の10曲で、いろいろな年のライブ映像が収録されていることがわかると思います。

どれも貴重な映像ですが、私が特にお勧めするのは「おでかけしましょ」と「love me, I love you」と「LOVE PHANTOM」の映像です!

「おでかけしましょ」では、ロングヘアー時代の稲葉さんを見ることができます。さらに、稲葉さんのこの曲での暴っぷりは、本当にスサマジイです(笑)エアギターをしたり、寝そべってジタバタ?したりと、本当に激しい動きを見せてくれます!

「love me, I love you」では、ラストで凄まじくキレのある腰使いを見せてくれます!「love me, I love you」ではこのパフォーマンスはよくされるのですが、これほどまでにキレのあるものは珍しいですね。

「LOVE PHANTOM」では、びしょ濡れになりながら疾走する稲葉さんを見ることができます!2000.8.9の千葉マリンスタジアムでのライブは、あまりの大雨のため、セットリストを短縮して途中でライブが打ち切られました。
ライブが中止になるほどの大雨の中での演奏は迫力満点ですよ!

※ちなみに、2000.8.9の千葉マリンスタジアムでのライブで現在映像作品化されているのは、「B'z The Best "ULTRA Pleasure"」のDVDに収録されている「LOVE PHANTOM」と、三枚組DVD「B'z LIVE-GYM Hidden Pleasure 〜Typhoon No.20〜」のDISC2の二曲目に収録されている「RING」だけです。



Tag:ライブ・DVD  Trackback:0 comment:0 

B'z The "Mixture"

「B'z The "Mixture"」はB’zが2000年2月23日にリリースしたアルバムです。このアルバムは、シングルの2nd beat、リミックス曲、ニューレコーディング曲、未発表曲で構成された、タイトル通り「混合」アルバムです。

松本さんによると、先に発売された「B'z The Best "Pleasure"」、「B'z The Best "Treasure"」はヒットシングルを集めたものだったので、「B'z The "Mixture"」はアルバムとして起承転結をはっきりさせた、内容的にもいいものを作りたい、ということで企画されたものだそうです。

稲葉さんは、一度世の中に出た曲を再び聴いていく、という流れがうまくできるといいな、ということで、「B'z The "Mixture"」でこういう曲もあるんだよ、ということを提示する機会を作ったと仰っています。

「だからその手を離して -Mixture style-」は、原曲をアレンジから変えて作られた曲で、他の収録曲は当時の頃の骨組みを使って作ったそうです。

原曲を比べてみると、どの曲も稲葉さんの声も、松本さんのギターもレベルアップしているなぁ、という印象を感じますね。デビュー当時の頃の稲葉さんの歌い方のままだったら、今これほどの人気は無かったんじゃないかと思います(笑)

「B'z The "Mixture"」の最終トラックは、未発表曲の「あなたならかまわない」です。この曲は、9thアルバム『SURVIVE』の頃のデッド・ストックで、「SURVIVE」にはバランスが取れなくて入れる余地が無かったけれど、今回のアルバム「B'z The "Mixture"」に合うんじゃないかということで、松本さんは入れてみたそうです。

新録された曲を、原曲と比べてみると、B’zがどう変化したのかが分かるので、聴き比べてみるのも面白いと思います。



Tag:ミュージック・CD  Trackback:0 comment:0 

B'z LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK"

「B'z LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK"」は、2005年4月7日から9月19日に行われたツアーで、B’z初の円形ステージが取り入れられ、ステージ上方にはサークル型のマルチビジョンが設置され、どこから見ても正面というステージでした!

また、円形ステージの縁の部分は回転するようになっており、なんと最高速度20km/hで回転可能でした!

「B'z LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK"」は全体は映像作品化されていませんが、一部の曲は映像化されています。

シングル「SPLASH」は通常バージョン一種と、DVD付きのバージョンの三種の計四形態で発売されました。レッドが通常版で、グリーンには「愛のバクダン」、ブルーには「パルス」、イエローには「FEVER」、というようにそれぞれのライブ映像のDVDが特典として付いています。

「B'z LIVE-GYM Hidden Pleasure 〜Typhoon No.20~」のDISC2には、「juice」、「ultra soul」、「BANZAI」の三曲のライブ映像が収録されています。

また、「B'z The Best "ULTRA Pleasure"」の"2CD+DVD"版のDVDには「さまよえる蒼い弾丸」が収録されています。

「愛のバクダン」では、飛行機が大きな白いバルーンを破って、中のハート型のピンクのバルーンをばらまくという驚きの演出があります!また、稲葉さんが「きみのVoice」のところを「大阪のVoice」と歌っています。

「パルス」では稲葉さんも松本さんもよく走っています。「FEVER」では、最初に「B'zのLIVE-GYMにようこそ」と稲葉さんが言い、なんと三つのマラカスを客席に投げてプレゼントしています。欲しかったですね・・・

「juice」では、円形ステージの本領が発揮され、稲葉さんが固定されたマイクスタンドをつかんで回転しています!すごい迫力ですよ!観客は稲葉さんが離れて行ってもすぐに戻ってくるのでよかったと思います(笑)さらに、稲葉さんが「大阪ベイべ~」と20秒近い超ロングシャウトを披露しています!

「BANZAI」~「ultra soul」では、稲葉さんと松本さんがステージから消え、スタンド席前に「瞬間移動」するという演出が行われました!

ここまでに紹介した6曲は2005年9月19日の大阪ドームでのものですが、「さまよえる蒼い弾丸」は2005年7月7日の幕張メッセ・イベントホールでの映像です。

どの映像も素晴らしいですが、ステージが回転する様を見ることができるのは「juice」だけなので、特におすすめです!スピード感あふれる映像を見ることができますよ!

Tag:ライブ・DVD  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

カネナガ

Author:カネナガ
管理人のカネナガです。私はB’zの稲葉さんが大好きで、ほとんど毎日聴いています。CDはオリジナル・ベストアルバムともに全て持っており、シングルもオリジナルアルバムに含まれていない曲が入っているものはすべて持っています。また、ライブDVDも全て持っています。このサイトでは、稲葉さんをこよなく愛する私が、稲葉さんの魅力をお伝えしていきたいと思います。記事の掲載に当たっては、テレビ番組、公式ファンサイト、公式ファンクラブ会報、書籍、雑誌記事などを元に、事実に忠実に作成しています。このサイトを見た方が、B’zの魅力に気づいてB'zファンになってくれたら幸いです。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。